現在表示しているページ
ホーム >異星間文明比較 >地球人類の特徴

地球人類の特徴

これまでいくつかの星を取り上げ、政治や教育や芸術などの分野を含め全般的な比較をしてきた。それによって星々は次元の違いだけでなく、色々な意味で互いにかなりの違いがあるのが明らかになった。ここでは締めくくりとして、別の重要な点について指摘しておきたいと思う。それは星々は互いに文化的な違いがあるとは言え、一つの星、一つの次元ではその傾向は一様だということだ。

他の項でも言ったが、全ての物質は波動でできているので精神や感情と呼ばれるものも、我々がまだ知らない波動でできていると考えられる。だとすれば同じ波動は共鳴するので、同じような魂(精神または生命体)は同じ星や同じ次元に必然的に集まると予想される。

地球人類の特徴ところが地球は何故かそうではない。三次元にあるこの地球だけは様々な波動を持った、または様々な世界から来た魂が同居している星だと言える。ウンモ星にしてもプレアデイスにしてもアストラル界の金星にしても、それぞれ一様な文化と社会構造と考え方の上に成り立っている。けれども地球は決してそうではなく、様々な文化と様々な考え方がせめぎ合いながらかろうじて成り立っていると言っていい。地球はもしかしたらどんな星にも似ていない、非常に珍しい星なのかも知れない。

地球上には様々な人がいる。様々な肌の色、様々な言語、様々な風習を持った人たちがいる。また極貧の生活をしている人から巨万の富を持つ人まで様々な段階の人がいる。僅かな知識しか持たない人から膨大な知識を持つ人まで様々な段階の人がいる。知識はなくても知恵のある人もいるし、知識はあっても知恵のない人もいる。自分のことしか考えない人がいるかと思えば、自分と家族のことは大事に思う人、地域の人のために尽す人、国家の枠を超え主義や肩書や富にとらわれず全ての人に奉仕しようとする人など、これまた様々な段階の人がいる。

プレアデイス=プレヤール人やウンモ星人が言うように、地球に多様な人種、言語、文化、宗教、神話があることが無数の困難な問題を引き起こしているという指摘もある。しかし私はそうは思わない。何故ならあらゆる段階にある全ての人が学びの道を歩んでいるのだとしたら、多様な人々と多様な文化が混在する地球はいわば試練の宝庫であり、最高の学びの場に違いないからだ。

確かに悪い面だけを見れば、地球は悲劇と策謀と自己中心的な欲望に満ちた星だと言えるかもしれない。しかしそうした中にいながらも我欲を捨てようと日々努力している人々もいるし、自分より恵まれない人のために奉仕しようとしている人もいる。もう一度言うが、私はこのような努力はこの地上でしか出来ない貴重な体験であり、地上は魂にとって深い学びの場としての意味があるのだと思う。高い次元にありながら、そこを離れてあえて地球に生まれてくる者もいるというが、それはこの地球でしかできない体験を通して精神の広がりを知り、魂が持つ未知の可能性を見極めるために、自ら進んでやって来ているのだと思う。

権力に執着して囚われる者、何らかの宗教に魅了されて囚われる者、金の魔力に魅了されて囚われる者、特定の異性の魅力に飲まれて囚われる者、憎しみの虜となって囚われる者。こうした人たちでさえ生命がなし得る可能性を体験しているのであって、それは地球のような星でなければ決してできない体験なのだろうと思う。

我々の心には怠惰や意志の脆弱さや自家撞着や傲慢さなど様々なものが巣食っている。しかしこれらも魂の長い進化の道のりの、ほんのひとコマに過ぎないのだとすれば、悲観する必要はなくなるのではないかと思う。もし我々がこれらを稀有な体験として受け止め、進んで立ち向かおうとするなら、決して世の中は悲惨なものでなく、逆に挑戦するに値する世界に見えてくるに違いない。そしてそうした認識を持つことができれば、我々の心に自ずから試練に立ち向かう勇気が湧いてくるだろうと思う。

<異星間文明比較の項 終わり>


« 文化| 二元論的世界と支配 »