現在表示しているページ
ホーム > >概念

概念

大雑把に神の概念、すなわち神の括り方は学問的に三つに分けられる。一神論と多神論と汎神論だ。とはいってもこれは便宜的に分類しただけで、しかも神の由来や神そのものについて説明したものではない。従来の宗教が持つ神の概念に加え、最近は既存の宗教と関わりない人たちも神について色々な発言をするようになり、神の捉え方も様々になりつつあるようだ。

何千年という間、宇宙の成り立ちに関する説明は神話や宗教に委(ゆだ)ねられてきた。近年になって科学的見方が優勢になったため、科学的説明としてのビッグ・バン理論や定常宇宙論などの仮説(これらは定説ではない)が多くの人を魅了するようになった。しかし最近はこれらの理論にもいくつか欠陥があるのが明らかとなって、その威信は徐々に失われつつあるように思われる。ひょっとしたら科学による説明は、ルネッサンス以降のわずか数百年で終わりを告げるのかもしれないとも思う。

科学的な説明にほころびが出始めた頃、時を同じくして宗教とも現代科学とも違った宇宙創世の考え方が現れてきた。それらの中には作為的で胡散臭いものもあるが、中には現代科学の範疇を超え、見える世界と見えない世界を含めた綜合的な視点を持った大変説得力のあるものもある。

ここではとりあえず学問的な解説から始め、新しい発想を紹介しながら、私の考えも交えて話を進めていこう。


« ソーシャル・ビジネス.2| 一神教の神 »