現在表示しているページ
ホーム > >多神教の神

多神教の神

インドのヒンドウー教、古代エジプトやメソポタミアの神話、それに古代ギリシア・ローマ神話が多神教の代表的なものだが、これに日本の神道(しんとう)、メソアメリカやアンデスの神話も分類の仕方によっては含めることもある。中国の道教は一般には多神教に分類されるが、私はエジプトやメソポタミアの神話、またギリシア・ローマ神話とはかなり違うと思う。ただ道教の定義自体が今も曖昧なので、ここでは結論的な言い方は避けておこう。

多神教は主神を中心に様々な性格を持つ多くの神によって構成される。その伝承は一神教の場合と同じように、歴史上の支配者によって改竄(かいざん)や粉飾が多少行なわれてきたと思われる。しかし奇妙なのはそれ等の神話がどのように発生したかについては全く解らないことだ。いわゆる宗教の場合は文化的な背景があって開祖が教えを説くところから始まる。仏教、キリスト教、イスラム教などがこれだ。しかし古代エジプトやメソポタミアの神話、ギリシア・ローマ神話などがどのように発生したのかは全く解っていない。そのため深層心理学的な解釈が一時もてはやされ、多くの文化人や学者が競って深遠な解釈を披露した。しかし結果的にいくつもの解釈が登場しただけで、発生の真相を解き明かすには至らなかった。

多神教では主神が全世界、あるいは宇宙の支配者であり、その下に役割と個性を持った神々がいる。たとえば酒の神、多産の神、豊饒の神、戦いの神、知恵の神などがおり、神話や宗教によって多少の違いはあるものの、その多くは共通している。多神教は民間信仰的な神々も含めれば、その種類は数えきれないものとなる。

多神教では多くの神々がいるが大抵は孤立した神ではなく、主神の妻神であったり、その夫婦神の子供であったり、孫であったり、兄弟であったりという、人間世界と変わらない関係を持つことが多い。またこれらの神々は時に喜怒哀楽を顕わにし、生死をかけて戦うこともある。これらのことを見ると、何故こんなにも人間臭いのかと疑問に思ってしまう。こうしたことから、先ほども言ったように、深層心理学的に神話は人間の感情の原型を表現したものだという解釈が現れた。

ただし神話の世界と我々の世界には決定的な違いがある。それは我々の世界にはな善悪の基準があるが、神々の世界にはないということだ。彼らは妬んだり恨んだり時には殺したりするが、決して善悪の判断を持ち込まない。ここに大きな疑問が生まれる。神々があまりに人間的であるにもかかわらず、その世界に善悪の基準がないのはどうしてなのかということだ。そこにはどんな理由があり、どんなからくりがあるのだろう。後に述べるが、それはある一つの背景を想定することにより鮮やかに説明がつく。


« 一神教の神| 汎神論の神 »